本当に敏感肌向け?使いにくいオールインワンゲルも少なくない…

とりあえず使ってみたものの、これはどうしたものか…。
そんな風に感じてしまうオールインワンゲルも少なからず、ありました。
特に「肌にやさしい/敏感肌向け」と言われているものでも、中途半端なものも多い…。
ほんの一部ではありますが、このゲルはどうだった?の感想もまとめてみました。
(※もちろん、これは個人的な感想なので、参考までにご覧ください)

水の彩 ナチュールアクアクリーム

水の彩はノンオイルだけど使い方が難しいゲル

水の彩 ナチュールアクアクリームは、ひとことで言うなら薬用 水の彩Sのさっぱりタイプです。
真水がベースでとてもシンプル。数少ないノンオイルのオールインワンゲルです。

保湿には海藻や黒砂糖が使われているのも特徴。
これが、一般的な保湿成分に比べるとやはり劣る面も多いようで、

  • そもそも保湿力が足りない…
  • 表面がおおわれるせいか、ニキビができやすくなった
  • 肌へのなじみ方がいまいち…

という印象を受けました(口コミを調べてみても同じような印象)

こちらを継続するくらいなら薬用 水の彩Sの方がずっと良い!
と既に知っていたからこそ、あえてこちらを使っていかなくても…、と感じてしまいました。

水の天使

水の天使はロングセラーだけどそんなに優しくない…

水の天使は薬用成分も配合された、10年以上も販売されているオールインワンゲルです。
肌荒れ予防や美白対策にも使えるとされていて、比較的シンプルな成分でできています。

ただ、残念ながら合成界面活性剤使用
肌にのせると最初に少しピリっとしてだんだん肌がごわついてくるので、これは使えない…と数回であきらめてしまいました。
さっぱり感で人気はあるようですが、一緒に使ってみた敏感肌の夫も「これはいかん…」と言っていたので、肌が敏感な場合は避けた方が良いゲルだと思います。

薬用リペアゲル

リペアゲルはどうにもカッチリしすぎなゲル

薬用リペアゲルは、モンドセレクションも受賞したというオールインワンゲルです。
薬用成分も配合されているし、配合されている成分も多く、1ヶ月あたり1,500円程度で使えるゲルなのですが、どうもそれ以上のメリットが見つからず…。

保湿力もそこそこで、少しべたつきが気になりました。
ベースになっているものが、1、3-ブチレングリコールというグリセリンのような成分なので、ゲルがしっかりしすぎているのかもしれません。

あとは、すごくダメ!なわけではないけれど、良くもない、という印象。
わざわざ継続しなくても良いかな?と感じられるゲルでした。

SPプレミアムコラーゲンゲル

SPプレミアムコラーゲンゲル

一時よく見かけた、すっぽん小町を販売しているメーカーが出しているオールインワン。
すっぽんに含まれるコラーゲンが配合されているのが大きな特徴です。

ただ、成分がそこまでやさしくなく、反応が起きやすそうな成分も結構入っているな…、と感じました。
アレルギーを起こす成分が含まれていないか、きちんと確認する必要があると思います。

実際に使ってみたところ、ピリピリしたり、赤くなったり。
使ってみたら、べとつくのも少し気になりました。
念のためしばらくは使ってみたものの、そこまでのメリットは感じられなかったので、あんまりなのかな…?という印象で終わってしまいました。

フィトリフト

フィトリフト

フィトリフトは、ゲルをぐちゃぐちゃにしてもあっという間に元に戻る、おもしろいゲルです。
これで肌のハリを対策していく!とされています。

確かにぐちゃぐちゃにしても元に戻るし、グッとはるような印象はある気がしました。
ただ、ゲルが表面に妙に残ってヌルヌルしたり、保湿感が足りない印象を受けたり、少し肌のごわつきが気になってきたり、とゲルとしてはいまいちの印象でした。

その割に定価で続けるには少々お高い…。
おもしろい使い心地だし、「フィト発酵エキス」など気になる成分も入っていたので興味津々ではありましたが、続けていくには微妙かな…、と感じるゲルでした。

無印良品 敏感肌用オールインワン美容液ジェル

敏感肌用オールインワン美容液ジェル

意外と使えるアイテムが多いとも言われることの多い、無印良品のスキンケア。
その中でも「敏感肌用」とされるオールインワンジェルを使ってみました。

でも、これはどこが敏感肌用なのだろう…?と感じたのが正直な感想です。
成分もそんなにやさしいわけではないし、使っても刺激は感じるしべとつくしなじみも悪いし。
使えないことはないのですが、あえてこれを選ぶくらいなら他のものにした方が結果的にメリットが多いと思います。
無印良品という身近なブランドだったので、少し期待していましたが…。残念なジェルだと感じました。