保湿力がすごい!おかげで肌トラブル対策にもなるクリーム
海のブレア Wモイスチャークリーム

海のブレア Wモイスチャークリームは保湿力でシワも対策するゲル

海のブレアは、肌が必要な水分を保ち続ける力を上げることを注力されたオールインワンです。
機能的には、乳液・美容液・クリームのみとなっていますが、化粧水を使わなくてもこれ1つで十分スキンケアができました。

このクリームはヒアルロン酸の中でも最も高価だとも言われる、「無水ヒアルロン酸」が配合。
その保湿力と持続力はとても高く、無添加ゲルの中でも1番だと感じました。
(保湿力自体は、海のブレアよりも高いと思います)

おかげで、乾燥が原因の肌トラブルまでカバーできる印象です。
ゲルとしての機能性はかなり高いと感じられると思います。

海のブレアは抜群の保湿力。小さな悩みも幅広くカバーできそう

乾燥がひどい。肌のハリまで失われてきた…

このクリームは無水ヒアルロン酸が肌にくっついて肌に必要な水分を抱え込む仕組みのオールインワンなので、じっくり使い込むまでもなく、肌に潤いが届けられやすいと思います。
なので、肌の乾燥を今すぐなんとかしたい!と緊急度が高い時でも対応できる、オールインワンだと思います。

乾燥のせいで小じわが…くすみが…たるみが…!という肌

頼もしくて素早い、潤い補給が行えるクリームなので、乾燥のせいで起こってくる肌のトラブルまでもカバーしてくれる印象でした。
特に個人的に満足度が高かったのが、小じわ、たるみ、そしてなぜかほうれい線です。
乾燥で肌の代謝が悪くなっている場合、肌の代謝を上げるきっかけも与えられるようになるので、肌のくすみ解消にも役立っていくと思います。

鼻や頬などの毛穴が目立ってきた…という肌

そもそも鼻や頬の毛穴が目立ってしまう原因は、肌の乾燥やたるみ、肌が疲れて代謝が滞っていることなど多岐にわたります。
海のブレアの場合、保湿のサポートをしつつ肌の栄養であるビタミンCなども補給して複合的なアプローチができるので、結果的に毛穴が目立ちにくく…につながるのかと思いました。

でも正直、使っているうちに価格が気になってくるかも…

こってりクリームで使いやすいものの、やっぱりお高い…

この海のブレア Wモイスチャークリームの最大のデメリットは価格だと思います。
ガラス瓶に入った50g入りのクリーム(約1ヶ月分)なのに、価格は4,000円以上なのです。
同じく保湿力が良かったバランシングゲルの場合は150g入りで4,000円以下なので、その差を感じてしまいました。

ただ、その分やっぱりすごく良いものだし満足の範囲も広く、費用対効果は良いと思います。
それにオールインワンではないスキンケアと比べたら月4,500円前後だとまだ安い方…?
決して高すぎるわけではありませんが、他と比べるとどうしても気になりました。

海のブレアのメリット・デメリットまとめ

メリット

  • たぶん1番!の保湿力。無水ヒアルロン酸が肌にくっついて水分を抱え込む
  • じっくり使い込むまでもない素早さも魅力。今すぐなんとかしたい時でも大丈夫
  • 高い潤いサポート力のおかげで、毛穴やたるみ、ほうれい線やくすみにも満足
  • こってりしたクリームなのに肌にスッとなじむ。ふんわりした独特の使い心地
  • 小じわ改善の機能は検査機関でも実証済み。年齢を感じてきた肌にも…

デメリット

  • 他のオールインワンと比べるとやっぱり高い…
  • 海藻由来の成分は使っているものの、自然由来とはほど遠いクリーム

海のブレア Wモイスチャークリームは他のゲルとここが違う!

  • 無水ヒアルロン酸によって水分をがっつり抱え込む。ダントツの保湿力
  • おかげで、毛穴やたるみ、小じわやくすみなど満足できる範囲も広い印象
  • こってり系に見えるのに、ふんわり軽くスッとなじむ、独特の使い心地

本気で保湿対策や年齢に負けない対策をしたい!なら海のブレアが良いと思います。
確かに他のゲルと比べると割高な値段設定になっていますが…。
その分、使い心地も成分もその満足度も、こだわって作られているように感じました。

費用対効果は決して悪くない使い心地と満足度で、1番使い終えるのが惜しいクリームでした。

海のブレア

海のブレアの悩み別評価

総合的な満足度 4.0点
本気で乾燥トラブルの解消を目指すなら
費用対効果 2.5点
定期価格:4,114円(税抜)/50g(約1ヶ月分)
肌へのやさしさ 4.0点
合成界面活性剤・アルコール・パラペン・鉱物油・香料・着色料無添加
気になる成分 4.5点
無水ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、ビタミンC誘導体、アルブチンなど